トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
DEVIL DOLL/Eliogabalus
2010-04-17 Sat 17:40
devil doll

1990年発表作品。

邦題:絞首台

1.Mr. Doctor
2.Eliogabalus


ミスター・ドクターという謎の人物が率いるイタリアとスロヴェニアの編成バンドの2nd。このバンド、編成や活動そのものが謎のベールに包まれていて、今では活動しているのかどうかも定かではないという(笑)2008年に全作品が再発されてその時のB!のインタビューでミスター・ドクターのコメントが掲載されてましたが、言ってる事がジーノ・ロートみたいでわけわからないという......。ちなみに一説ではミスター・ドクターは大富豪で趣味で音楽をやってるとかやってないとか、っていう話もあります

さてさて前置きはこの辺にして、ジャケットが悪趣味ですねー。でも個人的には好き(笑)内容は2曲!で、2曲とも20分超え~みたいな構成なので、聴きごたえは十分。大きく分類すればプログレですが、細分化させるとゴシック・ミュージカルとでもいうのでしょうか。ホラー映画のサントラのような感じで、ミスター・ドクターの語りかけるような歌声がなんとも不気味。そして不快。慣れれば「面白い」んですが、聴き始めはかなり取っつきづらいですねぇ1曲目はミュージカル的な要素が強く、暗黒美に満ちた世界を展開させたかと思えば、突然メタルになったり、そこから急降下するように冷淡なピアノが鳴り響いたり......。2曲目は実在したローマ皇帝の名前らしく、ピアノとオーケストラを基調としたモノトーンの薄気味悪い曲です。

このブログを読んでる方で、このバンドを聴いてる方はいないと思いますが(笑)

なかなか面白いバンドです。感受性の強いお子様に聴かせたら本気で泣いちゃうかも......






スポンサーサイト
洋楽D~F | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。