トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
THE ALFEE 35th Anniversary 2009 My Truth@仙台サンプラザホール
2009-11-23 Mon 00:00
仙台行って参りましたー

昨日は朝起きたら、盛岡大雪でした新幹線止まったらシャレにならん...... とか思いながら二度寝して昼間に起きたらすっかり快晴で雪もほとんど溶けていました

仙台では服屋を見てまわろうかなーと思って歩いてたらタワーレコードを発見し、こっちの品揃えはどんなもんかなーと探索してみると、まぁそれほど盛岡と違いがあるわけではないけどプログレが結構充実していてまたまたイタリアンプログレ買ってきましたよ

そんなこんなで所用を済ませ、会場到着。

今回は2階のC列でたかみー側ということは分かっていたのですが、席についてびっくり仰天。端から2番目やないですかァ仙台の会場は半円型のホールなので、端の方だと死角が出来て3人と太郎は見えるけど、ステージセットとただすけが見えなくなるんです(賢側だったら太郎が見えなくなります)いや、こんなこと言ったらごめんなさいなんですがただすけは見えても見えなくてもどっちでもいいんです。でも最後の「あの曲」でステージを見れなきゃ来た意味ないでしょー!ということで、3階席の最後列に移動しました。考えてみれば10年ファンやって来て、一番後ろという事もなかったのである意味10周年記念に一番後ろから盛り上げていこうと、そんな気持ちで開演を待っていると、さぁ1ベルが鳴りましたよ

今回も春同様ステージに幕はありませんでした。場内が暗転し流れてくるSEはどことなくケルト音楽っぽいモノで、ステージ全体を覆うスクリーンの上部に波のような映像が映し出されます。その後そのスクリーンの部分が前のめりになって倒れてきてステージに着陸した瞬間!そのスクリーンが透けて鉄格子の中にいるような状態でメンバーが登場します。


alfee


1.Long Way To Freedom

この曲のバンドVerを聴いたのはたぶん初めてかな?

2.夢よ急げ

3.Affection

何故か最近無性に聴きたかったんですよねェ

4.ラジカル・ティーンエイジャー

これを聴いてるともうライヴが終わりに近づいてるような錯覚をうけます(笑)

5.星空のディスタンス

MC

6.Believe

え?お座り?と一瞬思ってしまいましたが、お座りのブロックにはまだ早いよなーとこんがらがってしまいました

7.Girl

幸ちゃんと賢が一緒に並んで歌う姿かっこよかったー

8.愛を惜しみなく

MC

いつに戻りたい?みたいなお話。賢は学生時代に戻って勉強したいとかそんな感じだったかな。古典が4点だったということがこれほど有名な人はいないみたいな(笑)僕は高校時代数学数えきれないほど0点を取ってるんで・・・・・・

9.From The Past To The Future

まさに僕の10年間を凝縮したような感じでした

10.Another Way

めっちゃいい曲ですわー。ほんと「あの日あの場所にもう一度もしも戻れるのならば・・・」考えたらきりありませんが、そういうのって誰にでもありますよねェ(僕は高校3年に戻りたい!)

11.恋人達のペイヴメント

何故かわかりませんが、1曲丸ごと爆睡しておりました

MC

今回のツアータイトルについて。

12.My Truth

13.Shining Run ~輝く道に向かって~

ギターがメイデンっぽいですね。やっぱりシングルはこのカップリングだな。

14.夜明けを求めて

あのイングヴェイ風のギターカットイン、絶対ライヴじゃ弾けないだろーなと思ってたらちゃんと誤魔化さず弾けていましたCDで聴くとシンセがしょぼ過ぎて話にならないのに、ライヴだとやっぱ迫力ありますね。サビも盛り上がります

15.祈り

アレンジいいですねェ賢の独唱パートと、マーチング的なドラムが良かったです

16.Heart Of Justice

対照的にこっちは微妙なアレンジでした。終わりなきメッセージのアレンジに近い感じかな。ギターを持って歌うなら原曲通りでよかったのになー

17.On The Border

ひさしぶりに生で聴いたー高校時代くらいの時はあんまり好きじゃなかたんですが、最後のグローリアス、ヴィクトリー、マイレジスタンス!で拳を振り上げる瞬間って素敵ですよねー。



EN 1



18.挽歌

19.冬将軍

昨日の盛岡がまさに白い冬将軍でしたよ(笑)

20.夕なぎ

CDで絶対飛ばす曲トップ3に入ります(笑)東京へは~の部分であぁ!って思いだしたくらいです・・・・・。

21.無言劇

最近ナンバーズにハマってましてね。今度402で買ってみようかな(笑)ここまでの幸ちゃんのわざとらしい喋り方個人的にはかなりツボで、ひたすらニヤニヤしてましたよ

22.風の詩

23.Saved By The Love Song

24.SWEAT & TEARS



EN 2



25.この愛を捧げて

やっぱり3階席に移動してよかったーヤマトが航海している映像、マジで迫力ありました・・・・・基本的にアルフィーって映像の使い方が下手なバンドだと思っているんですが、これは本当に素晴らしかったです。



選曲的には春に比べれば劣るものの、良かったと思います

アルフィーの35年の真実と、僕の10年の真実。

それは単純に同じ時代に生まれて夢を共有しあってきたこと。それこそが僕にとってのMy Truthなのではないかと思いました。ノスタルジックな気分に浸る事がなかったのは、アルフィーが常に先を見ていて、僕自身もアルフィーと同じく過去にとらわれず「これから」を見ていたからなんだろうなーと、ふと思いました。ファンになって10年目。飽きやすく、何をやっても長続きしない僕が、この10年間アルフィーをずーっと追いかけ続けてきたこと。これは紛れもなく真実です。素晴らしい夜でした。

命が尽きるまで、夢追いかけようぜ



スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。