トップ画像
THE ALFEE 35th Anniversary 2009 Confidence@仙台サンプラザホール
2009-05-04 Mon 00:00
昨日、アルフィー35周年ツアーとなるConfidenceツアーに参加して参りました15時半頃仙台入りし、服などを購入~牛タンを食し、開演30分前くらいに会場入りしました。今回購入したグッズは以前記事にも書いたように、パンフとピックですそれと再発された過去タイトルの作品を購入したのですが、こちらについてはまた次回感想を書きたいと思います

さて、会場内のBGMはアルフィークラシックスが流れていましたここは正直アルフィーの曲じゃなくてクラシックか70年代HRを聴きたいな~と思うんですよねそれはさておき、今回のステージセットは去年の春~秋と同様に幕はなし。シャッターのような壁面が7枚と、至ってシンプルなセットでしたね。1ベルからアナウンスが流れ場内暗転。OPSEはデジタルビートっぽいだった気がするんだけど・・・ SEが鳴り響く中、真ん中3枚の壁が前のめりに倒れてきて、なんと階段に変化階段の登場部分には幕が貼ってあり、一瞬で幕が消え去ったと思うとメンバー登場と、思いきや・・・ たかみーのとこだけ幕が貼ったまま(笑)一瞬そういう演出と思ったんですが、スタッフが手動で幕を取ったら腰に手をあてながら苦笑いしているたかみー登場。かっこわりー

alfee

1.SWEAT & TEARS

いきなり泣きそうになってしまった~最近プライベートで色々な事が起こり過ぎて、かなり病んでいたので「涙の海に泳ぎ疲れても~」あたりで不覚にもウルウルしてしまいましたよ・・・。これが1曲目なんて反則でしょ

2.恋の炎

SWEAT & TEARSのラストでたかみーがマイクスタンドから離れて前まで出てきたのと、ギターを上に振りかざしたので、瞬時にこれかAMERICAN DREAMだな~と思いました(笑)

3.星空のディスタンス

鋼鉄の巨人来い!!と願うも、最近にしては珍しくこの位置ですか。アンコールでやられるよりはいいかな?

~MC~

4.悲しき墓標

うぉー懐かしい。。。なんか結構聴いてる気がするけど、個人的に聴くのは04年の夏以来だから5年ぶりだー。このマニアック感がたまらない

5.Bridge To The Sun

鋼鉄の巨人来い!と願うも、これもツアーに組み込まれるのは5年ぶりか。。。なんか結構聴いてる気がするんだけどなぁ・・・。

6.二人のSEASON

Masquerade Love来い!と、願うもこっちだったか。囁きは低い声で愛してるぜぇでした

7.Flower Revolution

MCに入ると思ってたらドラムのイントロが聞こえてきてびっくり。

~MC~

8.LOVE NEVER DIES

悶絶ちょうど10年前にファンになったきっかけの曲だったのでメモリアルなものを感じました「君の瞳(キラ~ン)~」の部分の賢はマジ萌え

9.Sister Of The Rainbow

演奏するのはリリースされた98年以来11年ぶりかな新曲を除くと、唯一初めて生で聴く曲でした

10.希望の鐘が鳴る朝に

オルガンソロからの歌い出しが新鮮でしたね~個人的にはピアノからの歌い出しより好きかなただすけの提案だろうか、たかみーが思いついたんだろうか・・・

~MC~

メンバー紹介~。たろうのことを「ただs・・・!」ほんとよく間違えますな~<たかみー。

11.My Best Friend

これまた懐かしい~生で聴くのは8年ぶりラストのたかみーが「My Best Friend プライドを~」って歌うところが好きなんですよねぇ。昨日は声がひっくり返ってましたが

12.The Ages

実はフラレボの時にここでAgesだったらな~と思ってたんですが、ここで来たか!と驚きました

13.You Get To Run

いや~これまたマニアック過ぎて、最初「裏切りへの前奏曲」だと思ってましたわ

14.幻夜祭

キター悶絶悶絶とか、言いながらも複雑な曲なのに必死にリズムを合わせようと拳を振っている方たちを見て思わず笑いが・・・。

15.流砂のように

07年の春でやって珍しいな~と思ってたら、今度は早かったですね。好きな曲なのでいいんですが

16.風の詩

Count Down 1999来い!と願うも、本編最後はやはり新曲か。けど前の曲からの流れが鳥肌モノだったので、むしろがっかりすることはありませんでしたよ


EN1

17.19 -nineteen-

改めて聴くといい曲なんだよなぁ~。風の詩もそうだけど、幸ちゃんのギターを前面に出したフォークロック色の強い曲って名曲多くないですかね?

~出し物~

S&Gのボクサーを歌ってましたが、もはや本人たちより上手い気がするのは僕だけでしょうか?フルコーラスで聴きたかったなぁ。出し物最後のたかみーのナレーションはちょっと感動

18.もう一度君に逢いたい

出し物コーナーから着替えずに、学ラン姿で歌う3人にほのぼのしてしまいました

19.終わりなきメッセージ

Aには2007Verって書いてるけど、違うような気がするんだよな~。2007年の春は、こっちの方がいいかなと思ったけど、今回はオリジナルの方がいいなーと思いました

20.Swinging Generation

終わりなき~と逆だった方が良かったのでは?


EN2

21.OVER DRIVE~夢よ急げ

特に感想なし。

~MC~

最後の夏イベと新曲について。

22.桜の実の熟する時

初めて聴きましたが・・・ よく言えば「現代版:あなたがそばにいれば」って感じかな?



総評としましては、今回は昨年春同様、かなり素晴らしい構成だったと思いますセットリストに統一感があり、特にアンコール1をすべて青春ソングで統一というのはかなり珍しかったですね。本編ラストのブロックも硬質な曲でがっちりまとめ、ラストの新曲風の詩までの流れは完璧だったと言えるのではないでしょうか?夏のイベントにも行きたいけど、炎天下で野外よりは、それこそ昨年の春同様~再度今回のツアーに参加しようかな(となると、神奈川か大宮か・・・)と思えるほどでした。しかし、こうやってセットリストを見てみると、EMI移籍以降の曲が4曲・・・ 00年代~に限っては新曲の2曲のみですか。このセットリストに悶絶している僕の嗜好がモロに80年代に偏っているという表れでもありますね(CDで聴くぶんにはEMI以降~が断トツに多く、80年代の作品はほとんど聴かないんですがね~)

何はともあれ、今回のツアーもDVDになって欲しい!と思えるほど素晴らしいライヴでした

スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |