トップ画像
HANOI ROCKS FAREWELL TOUR JAPAN 2009@Zepp Sendai
2009-03-20 Fri 00:00
15日の日曜日は仙台までハノイロックスのライヴを観に行って参りました

当日は11時30分頃に仙台入りし、開場前で14時半~くらいまで入り待ちするも会えず。。。待ってる間に一緒になった男性の方と「もうかなり早い時間に入ったんですかね~」とか言いながら駅に向かっていると、先ほどまで同じく入り待ちしていた女性陣が「さっき来ましたよ」と....。開演時間1時間前に仙台到着とはまったくの予想外でしたちなみにその女性の方あまりに興奮したのでしょう、かなり目が泳いでらっしゃいました(笑)

そんなこんなで16時に入場し、2列目をゲット。17時の開演時間になりまずは前座のWendsday 13が登場一切予習をしていなかったので知ってる曲がありませんでしたが、なかなか曲がカッコよくてライヴ映えするようなバンドだなーという印象を受けました。最後は狙って(?)KISSのロックンロール・オールナイトで締め。その後15分程度でセットチェンジが終了し、場内暗転僕にとっては最後の、本当に最後のハノイロックスのライヴがスタートします

hanoi

1.Obsucured

既に他所のセットリストを観ていたので、大体は知っていたのですがこの選曲は本当に嬉しかったです何せ、この曲こそ僕がハノイとの出逢いの曲なのですから場内は完全にシンガロング状態でマイケルの歌声はほとんど聞こえませんでした

ちなみにマイケルはエナメルのライダースにレースがついたデニムアンディはスパンコールのジャケットにスパンコールのタイツという衣装でした(笑)

2.Hypermobile
3.Street Poetry
4.Fashion
5.Back To Mystery City
6.Watcha Want
7.People Like Me
8.Power Of Persuasion
9.Cafe Avenue
10.Problem Child
11.A Day Late, A Dollar Short
12.I Can't Get It
13.Self Destruction Blues
14.Until I Get You
15.Worldshaker
16.Boulevard Of Broken Dreams
17.Cheyene~Don't You Ever Leave Me
18.11th Street Kids
19.Malibu Beach Nightmare
20.High School
21.Tragedy

EN

E1.Oriental Beat
E2.Taxi Driver
E3.Up Around The Bend


いつもより省略していますが、あまりに熱狂的過ぎてほとんど記憶がございませんとりあえずUntil Get Youの曲中に会場を抜け出してバーで水分補給。。。。もうマジで死ぬかと思いましたそこからは後方で全体を眺めながら観ていましたが、本当に激しいライヴでした最後まで前で踏ん張れなかったのが少々悔いの残る感じになってしまいましたが、このバンドに出会わなければ今僕はこうしてブログを書いてる事もないので、本当にハノイのメンバーには感謝感謝で一杯です。所々で歌詞を仙台に変えて歌うマイケル。後方にも走ってハイタッチをしに行ったりしてましたよ相変わらずスピーカーによじ登ったりハイテンションでしたアンディは千鳥足ってわけでもなくかなり気合いが入ってましたね

これで解散..... という悲壮感は一切感じられず、むしろそれが全く実感出来ない程の壮絶なライヴでした。ハノイロックスが02年に再結成してから今日まで7年間観て参りましたが、こんな絶頂期とも言える状態で解散するだなんてあまりにもカッコ良すぎる今後はメンバーが各々で活動していくことと思いますが、いつまでもメンバーを応援するし、そしていつまでもハノイロックスの大ファンで居続ける事をこの日確信した次第です。



スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |