トップ画像
GLAY HIGH COMMUNICATIONS TOUR 2007-2008@盛岡市民文化ホール
2008-03-19 Wed 00:00
だいぶ時間が経ってしまいましたが、先週の金曜日(3月14日)はGLAYのライヴに行って参りました。実は国内のバンドではアルフィーに次いで好きなバンドなんですが、ライヴに行くほど好きかと言われればそうでもなく・・・交通費のかからない地元で、苦労せずにチケットをゲット出来たら行きたいな~くらいの気持ちだったので、当然チケットを予約することもせず完全にネット便りで、各種ファンサイトの掲示板に「盛岡公演1枚余ってたら譲って下さい」と書き込んでいたところ、なんとライヴ当日の朝になって譲りますメールが来た次第であります(笑)

今回の会場は盛岡市民文化ホール。俺の家から徒歩5分です。中学校時代の校内の合唱コンクールはこの会場を貸し切りにしてやったり、アルフィーのライヴを初めて観たのもこの会場だったり・・・かなり思い入れの強いホールだったりします。ちなみに、このホールは20階建てビルの1~2階を使っており、最上階の展望台は地元の高校生のデートスポットだったり(笑)

さて会場に入ると、ステージには黒く薄い幕が張ってありました。なんだかアルフィーのようです。18時30分を前にして、場内暗転。個人的には7年振りとなるGLAYのライヴがスタートです。

glay


様式美風のSEが流れる中、幕の中にメンバー登場。

1.ROSY

この時点で幕は上がらず。幕の中にはメンバーの姿とミラーボールが。このミラーボールに照明があたり、綺麗な模様が幕に浮かんでいました。てゆーか、ミラーボール・・・アルフィーも去年の春ツアーで使ってたなぁとか思ったり。

2.棘

この曲で幕が上がり、メンバーの姿が完全に出てきました。ステージセットは超シンプルで、GLAYのロゴをあしらった紋章のバックドロップが吊るされてるだけでした。

3.YOU MAY DREAM

-MC-

4.彼女のModern・・・

5.Lovers Change,Fighteres Cool

キター!!って感じです。中学時代、最もハマった曲です。別の席にいた友人もこの曲聴いた瞬間、「あ!ガブリエル喜んでるな!」と思ったそうです(笑)

6.Coyote Colored Darakness

-MC-

7.Sorry Love

8.Life ~遠い空の下で~

9.HOWEVER

GLAYを代表する名曲ですね。最初、違うピアノのイントロから入ってきたので「ん?新曲?」と思っていたら、あのイントロに繋がり場内大歓声でしたね。

-MC-

10.Starless Night

11.American Innovation

12.Lock On You

-MC-

13.Rockn'roll Swindle

ここからの流れには狂喜悶絶・・・。

14.誘惑

15.Runaway Runaway

16.HIGH COMMUNICATIONS

17.Ashes 1969

EN1

18.Happy Swing

ここは華の~ん!盛岡!の一番危ない瞬間さぁ~♪

-MC-

ここで客席からひとりステージへ。条件は「今年高校卒業してこれから大学へ行く女の子」で選ばれた女の子がステージ上へ。メニューの中から演奏してほしい曲を選らべるという豪華なプレゼント。その後、メンバー全員からプレゼント貰って席へ戻って行きました。羨ましい・・・。そしてリクエストした曲が・・・。

19.Winter Again

20.ピーク果てしなく、ソウル限りなく

21.ACID HEAD


約2時間のライヴでした。終演後には心底来てよかったぁ~!!と思いました。黄色い歓声が凄まじく圧倒されっぱないしでしたが、知らない曲が一つくらいしかなく楽しめました。唯一残念なのはテル以外のMCがなかったことですかね。しかもMCといっても、曲に入る前に客席を煽るくらいのもので?アルフィーの漫才のようなMCに慣れてる俺にはちと物足りない気も。。まぁ、それはそれで逆に新鮮な感じもしたんですけどね♪

次はちょうど一ヶ月後のアルフィーのライヴです@仙台。
スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |