トップ画像
~2007年ライヴ総括~
2007-12-27 Thu 00:00
今年度、参加したライヴは計4本でした(内訳はかなり偏っていますが)。本来であれば、ご存じの通りVELVET REVOLVERのJAPAN TOURにて武道館と横浜に参加する予定だったのですが..... 兎にも角にも、過ぎ去ってしまったことはどうしようもないので、参加した4本のライヴを辿ってみたいと思います。

まず、今年一発目のライヴがこれ。

alfee


あからさまにLed Zeppelinの「Ⅲ」のアートワークをパクったツアーポスターが印象的(?)で、アルフィー史上初の日本語のツアータイトル!と言えど、ライヴ内容は良くも悪くもいつも通り。このツアー以外にも言えることなんだけど、何故400曲近いマテリアルがあるのに、演奏する曲は2~3年周期で同じ曲ばっかりやるのだろうと思ってしまう。新作を引っさげてのツアーだけに、このツアーこそアルバムからの新曲が目立ったけど...... デビュー30年を超えて、尚、休まずにステージに立ち続ける姿勢は本当にスゴイと思うけど、曲が同じでは正直飽きてしまうのも事実。常に新しいファンも古くからのファンも楽しめるリストになっているんだろうけど、CDの売り上げが新規ファンを獲得している数字だとは思えないし、もっと古くからのファンが唸るようなツアーをやって欲しい。そういえば、このツアーの最中に高見沢の実父がお亡くなりになったんだっけなぁ。そう言う意味ではオーラスの「See You Again」はいつもと違って聞こえて感動的だったなぁ。



そして、7月は夢か何かと勘違いしてしまった、このライヴ。

guns


本来であれば、4月来日予定で参加断念だったものの、べーシストの怪我という本当かどうかわからないような理由で7月に延期。俺からすれば、奇跡の延期。そして、人生初となる日本武道館。武道館に行くのは高校時代からの夢で、まさかガンズのライヴで行く事になろうとは夢にも思っていなかったです。さて、肝心のアクセル様は来日中かなりのご機嫌だったようで、定刻から10分程で登場。2階席からわかるほどに腹はふくれていましたが、その影響か声はかなり出ていて全盛期を凌ぐほど(You Tubeに数曲UPされてます)曲中にバックステージへ度々姿を消していたのが気になったけど(酸素吸ってたのかな?)マジに最高なライヴでした。最後の「Paradise City」ではマイクを客席に投げてたもんなぁ。いや~早いうちに「Chinese Democracy」をリリースしての再来日を期待します。



そして、今年分の運を使い果たしてしまったライヴがこれ。

takamiy


例年、高見沢の8月といえばアルフィーの野外イベントなのですが、今年は一旦お休み。その空いた時間を利用しての16年振りとなるソロアルバムリリース&ソロツアー。ファイナルの有明コロシアム2days以外はすべてライヴハウスという、アルフィーでは絶対に出来ないツアー形式。そして俺が参加したのが、Zepp Sendai。普段アルフィーでやるハコの3分の1程度の会場で、ソロとあっては高見沢ファンのチケット争奪戦はかなりの倍率に。そんな中、めでたく当選し、しかも最前列。高見沢を追いかけて、早8年。念願の最前列です。もう、あまりに近すぎて興奮しすぎてあんまり覚えていませんが、ヘッドバッキングぶちかましたのと、最後の曲で号泣したのは鮮明に覚えています。それまで、サポートメンバーとギターバトルを繰り広げていたのに、ラストは自分一人でエレアコ1本で弾き語りって反則ですよ。しかし、53歳とは思えない綺麗な顔だったな....。



そして、今年を締めくくったライヴがこちら。

alfee


これも本来であればVELVET REVOLVERのライヴに便乗して神奈川県民ホール公演に参加予定だったのですが、中止によりこちらも中止。よって例年通り仙台に参加してきました。とりあえず、チケットが行ったり来たりで非常に気疲れしました(笑)さて、こちらのお席は3階席だったのですが、3階席で良かった~!と思う事が一つ。今回のツアーは床にも照明が組み込まれているため、恐らく一階席では全貌を把握出来なかったでしょう(仙台のこの会場は、通常のホールと違って1階席にほとんど段差がないのです)セットリストも春同様、全部ここ2~3年でやってる曲でしたが、夏のソロツアーで高見沢も一皮剥けたか、かなりアグレッシヴなアプローチが目立ちました(特にAmerican Dreamにそれを感じた!)



やはり、いつもと違うのはガンズと高見沢のソロですね。ここ数年、ライヴ参加は春と秋にアルフィー観て終わりっていう年が続いていた中、いつもとたった2本違うだけで、感慨深さも全く変わるなと再確認しました。来年もアルフィーはツアーをやりますし、大物バンドの来日も噂されているので、また来年も今年を超えるライヴイヤーにして行きたいなと思います!!!

スポンサーサイト
LIVE REPORT | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |