トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
Vince Neil/Tatoos & Tequila
2010-08-04 Wed 07:25
vince

2010年発表作品。

1. Tattoos And Tequila
2. He's A Whore/Cheap Trick
3. AC/DC/Sweet
4. Nobody's Fault/Aerosmith
5. Another Bad Day
6. No Feelings/Sex Pistols
7. Long Cool Woman/The Hollies
8. Another Piece Of Meat/Scorpions
9. Who Will Stop The Rain/CCR
10. Viva Las Vegas/Elvis Presley
11. Bitch Is Back/Elton John


モトリー・クルーのフロントマン、ヴィンス・ニールのスタジオアルバムとしては15年ぶりとなるソロアルバムが発表されました本作はヴィンスが影響を受けたバンドのカバーアルバムということで、オリジナルは1と5のみ。それ以外は70~80年代の名曲たちをカバーしています

カバーアルバムというと、なんだかオリジナル曲が用意出来なくて苦し紛れ感満載だったりもしますが、逆にカバー曲というのはセンスが命なので、良ければ良い!駄目なら駄目!と出来がはっきりしてしまうんですよねぇ。そして本作は、ぶっちゃけかなりセンスいいです選曲もさることながら、楽曲の料理の仕方が最高といっていいくらい素敵です。そしてまたヴィンスの声が素晴らしい

特にスコーピオンズのカバーなんか、これがスコピの曲だとは誰も思わないでしょう

カバーアルバムなので、そっちに目が行くのは当然ですがオリジナル曲も珠玉の出来ですね特に5の「Another Bad Day」はモトリーの「Don't Go Away Mad」を髣髴とさせるような甘酸っぱい曲で、これがモトリーのアウトテイクだとは思えないくらい素晴らしい名曲ですジャケットから連想できるような青い夏にぴったりのアルバムなので、是非皆さんも聞いてみてください




スポンサーサイト
洋楽V~Z | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。