トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
ULI JOHN ROPTH/SCORPIONS REVISITED
2015-02-04 Wed 23:45


2週間くらい前に発売された、元スコーピオンズのギタリスト、ウリ・ジョン・ロートによるスコーピオンズ時代の再録2枚組アルバムでございます。

まぁ、この人はリリース期間が長いことが有名でスコーピオンズ脱退後、自身のバンド「エレクトリック・サン」を結成し、最後のアルバムを85年にリリースしてから、次のアルバムが発売されたのは11年後の96年(笑)そのアルバムというのは「シンフォニック・レジェンド」という3部作のプロローグ、いわば予告編のようなモノで、その時点でのインタビューでは「3部作は、もうほぼ完成している」と明言しつつその後、本編の第1章が発売されたのは12年後の2008年....  まぁ、そのあいだにもリリースはしているんですが、クラシックのバンド編成音源とかそういう類のモノでしたからね。

そして、第2章をすっ飛ばして6年ぶりに発売されたのがこのアルバムというわけです。

ただ、6年待った甲斐がありましたね。これは、スゴイです。ウリ自身の発言によると「昔の曲を演奏するのはあまり好きではない」そうなのですが、ちょっとしたきっかけから乗り気になり、まずスコーピオンズ時代の曲によるライヴツアーを1年半近く実施しました。その最中に楽曲に対する新解釈であったりを発見し、レコード会社からの要請もありライヴ盤を出すという合意を交わし、ライヴ音源を録音していたものの「完璧と思えるタイミング」がなかなか来ない... そこに業を煮やしていたところ発案されたのが無観客のコンサートホールでのライヴ録音という形でした。

これが完璧だったらしく、スタジオでの多少の修正はくわわっているものの、コンサートホールでのライヴ録音ということもあって臨場感が半端ないです。ウリはこのアルバムを「セミライヴアルバム」と評していますが、ちょっとこのCDによる臨場感というのは未だ体験してこなかったことですね。音質にこだわるミュージシャンはたくさんいますし、例えば私が来週観に行くスラッシュも「ライヴ感を出したい」という欲求のもとに、アナログテープに録音したものをミックスしたりしていますし、それもライヴ感あふれる素晴らしい音質だと思って聴いてきましたが、これは次元が違いますね。是非、多くの人に聴いてもらいたいアルバムですね。

そんなウリは今月19日から3回の来日公演を行います!うー、行きたかった(;^ω^)


スポンサーサイト
洋楽S~U | コメント:2 | トラックバック:0
Syd Barrett/Mad Cap Laghus
2011-07-07 Thu 15:28
syd

1970年発表作品。

邦題:帽子が笑う... 不気味に

1. Terrapin
2. No Good Trying
3. Love You
4. No Man's Land
5. Dark Globe
6. Here I Go
7. Octopus
8. Golden Hair
9. Long Gone
10. She Took A Long Cold Look
11. Feel
12. If It's In You
13. Late Night



七夕の今日は、たかみーが度々フェイバリット・バンドとして名を挙げるピンクフロイドの中心人物であり狂ったダイヤモンドと呼ばれた男、シド・バレットの5回目の命日です。

シドはピンクフロイドの1st発表後、LSDによる深刻な依存で精神に異常をきたし中心人物にして1枚作って脱退!!その後、オリジナルとしてはソロ2枚を発表して音楽界からは消え去ってしまうものの、デヴィッド・ボウイを初めとした数々のミュージシャンに影響を与えた偉大なるミュージシャンでございます。

さて、このアルバム制作時ももちろんシドは重度のLSD中毒でございます。ひとりでレコーディングは無理という事で、実際にはピンクフロイドのメンバー(etc)の手助けのもとで制作されています。内容と言えば、アコースティック主体の楽曲がほとんどで、シドは歌ってるというよりつぶやきに近いような楽曲もちらほら。そのほとんどが異常に不気味です。なんて言うんでしょうね、狂ってるフリをしているミュージシャンって実はたくさんいるんですけど、シドはマジで狂ってるんです。

表面上は他のミュージシャンの手助けもあってか、「ながら聴きするBGMにはぴったりなまったり曲」ばっかなんですが、所々に垣間見える狂ってる雰囲気が異常なのです。それは、鳥肌がたつくらいに......。

ピンクフロイドの1stはほとんどシド主導で制作されたもので、後の「狂気」や「原子心母」とは似ても似つかないサイケデリックな作品なんですが、そっちはまだ狂ってるなりに「童話や絵本の世界」的なポップ要素が強かったと思うんですけど、この作品に関しては

精神が崩壊しかけている人が歌うとこうなるんだ

みたいな雰囲気が如実に現れています。

夏のけだるい夕方にかけて聴くと、最高です。風鈴の代わりに、ぜひご一聴を。


たった数枚の作品を残して星と消えた、狂ったダイヤモンド。永遠に。






洋楽S~U | コメント:0 | トラックバック:0
SLASH/SLASH
2010-07-04 Sun 19:52
slash

2010年発表作品。

01. Ghost - Ian Astbury (The Cult), feat. Izzy Stradlin (Guns N' Roses, Izzy Stradlin And The Ju Ju Hounds)
02. Crucify The Dead - Ozzy Osbourne (Black Sabbath)
03. Beautiful Dangerous - Fergie (Black Eyed Peas)
04. Buck From CaliMyles Kennedy (The Mayfield Four, Alter Bridge)
05. Promise - Chris Cornell (Soundgarden, Audioslave)
06. By The Sword - Andrew Stockdale (Wolfmother)
07. Gotten - Adam Levine (Maroon 5)
08. Doctor Alibi - Lemmy Kilmeister (Motorhead)
09. Watch This - Dave Grohl (Nirvana, Foo Fighters), Duff McKagan (Guns N' Roses, Velvet Revolver)
10. I Hold On - Kid Rock (Kid Rock)
11. Nothing To Say - M. Shadows (Avenged Sevenfold)
12. Starlight - Myles Kennedy (The Mayfield Four, Alter Bridge)
13. Saint Is A Sinner Too - Rocco De Luca (Rocco DeLuca and the Burden)
14. We're All Gonna Die - Iggy Pop (Iggy & The Stooges)
15. Sahara - Koshi Inaba (B'z)



スラッシュは過去に「Slash's Snakepit」という名義でアルバムを2枚発表していますが、実質的なソロアルバムという意味ではこのアルバムが初ということになるようですね。この作品は楽曲ごとに異なるボーカルを採用していて、このブログの系統に沿うようなボーカリストと言えば、ぶっちゃけオジー・オズボーンとレミー・キルミスターとMシャドウズくらいのもんでしょうかあとはどちらかというと、より広義な意味でのロックミュージシャンが集結って感じですね。

内容は当然のことながらスラッシュらしい作品で、レスポールの分厚い音がこれでもか!!というくらいに堪能できる仕上がりになってます。ただ、全体的にブルージーなミドルテンポの枯れた楽曲が多く、もう少しレミーとの競演で聴かせるような渋いハードロックがあればなぁ.... というのが率直な感想。マイケル・モンローをゲストに招き入れたかったようですが、マイケルにあう楽曲がなかったとも......

ただ普段聴かないようなボーカリストとの出逢いという新発見もあったりして、個人的には上半期のかなり上位に組み込むような傑作だったと言っても過言ではありませんね






洋楽S~U | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。