トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
Ozzy Osborne/Tribute
2010-10-17 Sun 21:27
ozzy

邦題:トリビュート ~ランディ・ローズに捧ぐ~

1987年発表作品。

1. I Don't Know
2. Crazy Train
3. Believer
4. Mr. Crowley
5. Flying High Again
6. Revelation (Mother Earth)
7. Steal Away (The Night) (With Drum Solo)
8. Suicide Solution (With Guitar Solo)
9. Iron Man
10. Children Of The Grave
11. Paranoid
12. Goodbye To Romance
13. No Bone Movies
14. Dee (Randy Rhoads Studio Out-Takes)



絶賛来日中(てゆーか、この記事が更新されてる頃には全公演終わってますが... 今頃はさいたまスーパーアリーナ公演中!)の魔界のプリンス、オジー・オズボーンの87年発表のライヴアルバム

録音時期は80~81年でオジーがブラックサバスを解雇され、後に伝説として語り継がれることとなるランディ・ローズをギタリストに迎え、ソロキャリアをスタートし始めた頃のライヴ音源ですね。このランディ・ローズは82年に飛行機事故で享年24歳でこの世を去ってしまいました..... オジーとのオリジナルアルバム2枚を残して....(←前身バンドでも数枚リリースしています)ランディの死後、この時代のライヴアルバムをリリースして欲しいとの声が高まりましたが「ランディの死を売り物にしたくない」というオジーの意向からしばらくは発表されませんでした。そして死後5年経って、ファンの声に応えリリースされる運びとなりました


randy

オリジナルアルバムについてはいづれ詳しく語るとして..... クラシックの素養を持つランディ。この音源を聴いてびっくりすのが「こんな端正なルックスなのに、ライヴのギターは恐ろしく猛々しい」のです。個人的には数多とあるライヴアルバムの中で一番好きなのがこれなんですが、理由は以下。

・オープニングのSEからして焦燥感が感じられる!

個人的にライヴ盤はSEから収録して欲しいなぁ、と思うのです。ライヴアルバムの醍醐味は、そのライヴを疑似体験することに意味があるわけで、それならやっぱりオープニングから収録して欲しいですよね。

・MCがカッコいい!

外タレは日本みたく長いMCは基本的にしません。曲の前にちょこっと喋るくらいです。まぁMCというより煽りに近い感じですが、これがまたカッコいいんだな~。

これは個人的にライヴアルバムに求める必須条件なんですが、これがあるかないかでちょっと変わってきますね。選曲もサバス時代を含む名曲のオンパレードで、9~10の流れは鳥肌モノですね。4ではランディの神々しいギターソロが聴けます14はボーナストラック的な扱いで、1stに収録されているランディによるアコギのインスト曲のリハーサル音源です。ランディの肉声やスタジオを歩く足音などがそのまま録音されており、ファンならば号泣必至の心憎い演出です

randy

ランディなくしてオジーの再生はありえなかった、と言われるほどまでに伝説的だったランディ。彼のすべてがこの1枚のアルバムに集約されているといっても過言ではないでしょう!!!

なんだかオジーよりもランディにスポットをあてながら話をススメちゃいましたが......(笑)とにかく!ライヴ盤としては名盤中の名盤だと思います。恐らく編集もほとんどされていませんし、生の音を体感できます。是非多くの方に聴いてもらいたい作品ですね♪







追伸


16日に神戸でラウドパークが開催され、オジーも出演。同じく16日は神戸でアルフィーもライヴ....

たかみー行きたかっただろうなぁ(笑)




スポンサーサイト
洋楽~M~O | コメント:0 | トラックバック:0
MEGADETH/Rust In Peace
2010-10-03 Sun 21:11
megadeth

1990年発表作品。

1. Holy Wars...The Punishment Due
2. Hangar 18
3. Take No Prisoners
4. Five Magics
5. Poison Was The Cure
6. Lucretia
7. Tornado Of Souls
8. Dawn Patrol
9. Rust In Peace...Polaris



パソコンがぶっ壊れてしまったため更新が滞っています......。しばらくはネカフェからの更新になるので、ちょっと間隔が空いてしまいますが、よろしくお願いします

秋といえばメタルの秋!!!06年から日本でもメタルフェスが開催されるいうになり、毎年10月はメタル系のバンドが多く来日するようになりました。今日紹介するメガデスは昨年のラウド・パークで来日しました(いや、これから来日するバンド特集しようと思ったんだけど、最近こればっかり聴いているので気分的にこっちを)

さて、このアルバムはメガデスにマーティ加入後初のアルバムなわけですが、もうぶっちゃけこのアルバムは最高傑作といっても過言ではないでしょう初期のメガデスは「狂っている」という形容詞がぴったりなサウンドだったんですが、このアルバムでは狂気性が半減した代わりに統合性がアップして、作品・個々の楽曲の完成度は他の作品よりも郡を抜いてると言えるでしょう。デイヴ・ムステインのギターと、お馴染みマーティのオリエンタルかつメロディアスなギターがぐいぐいと引っ張っていきますリフに次ぐリフの応酬も素晴らしく息つく暇すら与えてくれません。次作が全米で200万枚を売り上げる大ヒットを記録しますが、その成功も本作が布石になっていることは間違いないでしょう。そして次作以降は作風そのものがガラっと変わってしまうため、2ndの「Peace Sells..... But Who's Buying?」がメガデスのエポックメイキング的な作品ならば、この「Rust In Peace」はスラッシュメタルのひとつの完成形とも言える名盤中の名盤ですね

今年はこのアルバムの発表20周年を記念して、完全再現ツアーを行っています。

今月にはそのライヴ盤とDVDも発売されるので、要チェックですね(こっちではマーティは弾いていませんが;)


洋楽~M~O | コメント:2 | トラックバック:0
Ozzy Osbourne/Scream
2010-07-02 Fri 18:05
ozzy

2010年発表作品。

1. Let It Die
2. Let Me Hear You Scream
3. Soul Sucker
4. Life Won't Wait
5. Diggin' Me Down
6. Crucify
7. Fearless
8. Time
9. I Want It More
10. Latimer's Mercy
11. I Love You All



今年のラウドパーク2010に出演が決まった魔界のプリンス、オジーの3年ぶりのニューアルバムです。今回の作品は20年来の付き合いだったザック・ワイルドと袂を分かち、若手実力派ギタリストのガスGを迎えての新作

ところが、どっこい。これならザックでも良かったんじゃね?!

ってくらいギターサウンドがザックっぽいオジーの歌メロは前作以上に冴えていて、1~5まではかなり好きなんですがそれ以降は似たり寄ったり。まぁ僕自身それほどオジーを崇拝してるわけではないので、良質だなと言える作品ではありますが「ギターを中心に聴く」昔からのオジーファンにはかなりウケが悪いようですねぇ



この曲だけは人気があるようです(笑)

まぁ、どのみち来日しても新作からやる曲は2曲くらいで、あとは名曲のオンパレードですし、このアルバムが出たおかげで来日公演が決まったと思えばありがたみのある作品かも?!笑


洋楽~M~O | コメント:2 | トラックバック:0
MOTLEY CRUE/Dr Feelgood
2010-02-07 Sun 15:19
motley

89年発表作品。

1. T.N.T. (Terror 'N Tinseltown)
2. Dr. Feelgood
3. Slice of Your Pie
4. Rattlesnake Shake
5. Kickstart My Heart
6. Without You
7. Same Ol' Situation
8. Sticky Sweet
9. She Goes Down
10. Don't Go Away Mad (Just Go Away)
11. Time for Change


最近、異常とも言えるほどプライベートで問題が勃発し心的疲労が限界デスそういう時に決まって聴くのがこのアルバム。モトリー史上初の全米1位に輝いた名盤中の名盤ですね

長年バンドを蝕んでいたドラッグとアルコールを断ち、プロデューサーにボブ・ロックを迎えて制作された5th。豪華なプロダクションの中、全体的に歌メロはポップでありながら、ロックバンド特有のギラつきと毒気をばらまいたサウンドがたまらなくカッコイイです個人的にはクスリの売人を歌った2、ニッキーがヘロインの過剰摂取により心肺停止を起こしたことにインスピレーションを受けた5、明るさとほのぼのとした切なさを感じられる10が大好きで、だいたい心が病んでいてもこのアルバムを聴くと「どーでもいいや」と思える、まさにドラッグのような作品です(いや、むしろこれを聴いてテンションが上がらないようじゃ重篤ですよ...)副作用としては、病んでる時にこの作品を手元に置いておかないと禁断症状が現れてより鬱になってしまうのですが......あぁ.... 早速禁断症状が現れてきたので、おススメの3曲をご紹介しま~す












洋楽~M~O | コメント:0 | トラックバック:0
MICHAEL MONROE/Not Fakin' It
2010-02-01 Mon 18:19
michael

89年発表作品。

1. Dead, Jail or Rock 'N' Roll
2. While You Were Looking at Me
3. She's No Angel
4. All Night With the Lights On
5. Not Fakin' It
6. Shakedown
7. Man With No Eyes
8. Love Is Thicker Than Blood
9. Smoke Screen
10. Thrill Me


ハノイ・ロックスのフロントマンとして活動し、アクセル・ローズやセバスチャン・バック等に多大な影響を与えたマイケル・モンロー先日、自身のニューバンド「MICHAEL MONROE」のラインナップを発表し今秋には1stアルバムの発表が予定されています。今日は、そんなマイケルの記念すべきメジャー1stソロアルバムをご紹介したいと思います

マイケルはもともとパンクに影響を受けたシンガーなので、このアルバムで聴けるサウンドというのは80年代ハノイの「哀愁を帯びたロックンロール」ではなく、パンク精神を宿した「小気味いいアメリカン・ハードロック」なんですねこんな言い方をしたら怒られるかもしれませんが、分かりやすく言うとガンズ+モトリーから毒気をちょっと抜いたような雰囲気です。1はマイケルから多大な影響を受けたアクセル・ローズがPVで共演(これが発展し、後にガンズのUSE YOUR ILLUSION、The Spagetti Incident?にマイケルがゲスト参加することになります)まぁ言ってみれば、この1曲目を聴いた時点で勝負あり!って感じなんですよ(笑)無駄な説明はいりません。ノックアウトされちゃってください

(それにしても、マイケルのソロ作品のジャケットって絶対自分が写ってるんだよなァ笑。問題作(?)の次作を除き。。。。)




洋楽~M~O | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。