トップ画像
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
名曲講座97:Hallejah
2014-01-16 Thu 04:07



ボン・ジョヴィでございます。

曲はレナード・コーエンのカバー曲で、この曲はボン・ジョヴィではライヴのみの演奏でスタジオレコーディングはされていないんです。いろんな人がカバーしてる有名な曲ですが、今回の記事を書くにあたって、他のミュージシャンのカバーverを聴いてみたんですが、ジョンの声に慣れているせいもあってかこのカバーが一番しっくり来ますね。

この曲、2008年1月16日の大阪ドーム公演で歌われていまして、この動画はその時の音源ですね。80年代の曲は半音下げ、Livin' On A Playerのサビに関してはほぼ歌ってないことが多いジョンなのですが、この曲のジョンに関しては中音域~低音の伸び具合が素晴らしいですね。

この曲は、この来日ツアーではこの大阪のみで歌われており、意味するところは阪神淡路大震災への追悼というところなんでしょうか。日にち的にも前日ですしね。。


ってことで、是非スタジオで録音してほしい素晴らしいカバーだと思います。


スポンサーサイト
名曲講座 | コメント:0 | トラックバック:0
名曲講座96:The Boys Are Back In Town
2014-01-06 Mon 20:29



年末年始ってことで、多くの友達が帰省してまいりました。

お盆と年末年始しか会えない友達っていますからねー。年に2回くらいですけど、何年経っても10代の頃の気持ちで一緒にお酒を飲めるっていいもんです(体はついてかないから午前3時が限界ですけど)

ってことで、曲はシン・リジィの「ヤツらは街へ」でございます。

6枚目のオリジナルアルバム収録の曲でシングルカットされ全米12位まで昇りつめている曲ってことで、バンドの代表曲といってもいいでしょう。明るいんだけど泣いているツインリードのギターが心地良いですね。

この曲、若い頃のボンジョビがライヴでカバーしてたことで有名ですね。えーと、1月16日にはボンジョビがカバーした別の曲を紹介したいと思っております...


そういえば、このバンド。たかみーの口からも割りかし出てくることの多いバンドなんですけど、ベース/ボーカルのことを「フィル・リノット」って呼ぶんですよねー。一般的には「フィル・ライノット」って呼ぶと思うんですよ。確かにCDのライナーノーツとか人様のブログを読んでも二分化してるなー、と思ってwiki見たら近年は「フィル・ライノット」で統一されてるようで。えー、豆知識でした。


名曲講座 | コメント:5 | トラックバック:0
名曲講座95:Difficult To Cure
2013-12-24 Tue 18:48



クリスマスだというのに、今日は歯医者に行ってまいりました...


ってことで、クリスマスといえば第9。レインボーの5枚目のスタジオアルバムのタイトルトラックでございます。邦題は「治療不可」ですが、僕の歯は治療可能なようです。

そーいえば、アルフィーも第9演奏してましたよねー。合唱団なしのオールインストでもいいんで、またいつか演奏して欲しいですねー。今日はふなっしーだからないだろうし。笑

メリークリスマス!!


名曲講座 | コメント:2 | トラックバック:0
名曲講座94:Firth Of Fifth
2013-12-15 Sun 23:40


全人類必聴!!

ってことで、アルフィーの来年のツアータイトルになりましたジェネシスの超名曲でございます。アルバムは73年発表の「月影の騎士」に収録されておりまして、考えてもみればこのアルバム(及び曲)が発表されて40年目ですか...

ジェネシスも長いバンドでメンバーの変遷が激しいバンドなので、誰がいたどの時期のアルバム、って部分で好き好みがわかれると思うんですけど、やっぱ個人的には初期ジェネシスが好きですね。

この曲に関してはもうピアノのイントロから悶絶モノなんですが、やはり中間部からのフルートソロ~ピアノソロ~キーボードソロ~ギターソロの展開があまりにも美しすぎますね.... フルートソロの次のピアノソロから段々とリズム隊が加わってキーボードソロに移行するんですけど、このキーボードソロ、なんとイントロのピアノと同じメロディなんです。リズム隊が加わって音色が変わるだけで、こうも別の印象を受けるってことが衝撃ですね。もうシンフォニックプログレの名曲中の名曲ですね。アルフィーでもこんな曲、聴いてみたいです。


名曲講座 | コメント:0 | トラックバック:0
名曲講座93:What Is Life
2013-11-29 Fri 07:09


本日11月29日は、ジョージ・ハリスンの命日でございます。

もう12年前ですかー。当時15歳でしたけど、ニュースで見た記憶はあるんですよねェ。それから12年後、ジョージの話を書きながらこの曲を聴いてることは当時は想像だにしませんでしたけどね...

さて、曲は説明不要の超名曲ですね。邦題は「美しき人生」ですね。

個人的には、この曲聴いてるとなんだか切なくなってしまうんですよねー。それは、あんまり美しくない人生を歩んでるからなのでしょうか(笑)まぁ、それはどうでもいいんですが、映画「グッドフェローズ」でもこの曲が使われてますねェ。監督はマーティン・スコセッシ。そのスコセッシといえばジョージのドキュメンタリー映画を撮っていて、公開当時たかみーも観に行ったって言ってましたねェ。そのドキュメンタリー映画を最近観ましたので、いづれその感想も書いていきたいと思います。

R.I.P ジョージ!


名曲講座 | コメント:0 | トラックバック:0
| 大音量ロック美学論 Ver2 |
| 大音量ロック美学論 Ver2 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。